潤いアップのヒアルロン酸ガイド

低分子ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は1つ1つの分子が大きいという特徴があるため、何らかの処理をしないと肌から入れて肌のより深いところまでは行きとどきません。

 

ですから長い期間、スキンケアによってヒアルロン酸を十分に補給するのは期待できないとされてきました。

 

しかし現在までの間に研究が行われ、非常に小さなサイズの「低分子ヒアルロン酸」が誕生しました。

 

ヒアルロン酸入りのスキンケアアイテムを選ぶ時には、記載された成分を確認して、分子サイズとどの程度配合されているかを把握しておくようにしましょう。

 

商品のパッケージを見るだけでなくそれぞれの化粧品メーカーのホームページを閲覧すると、細かい情報も得ることができるでしょう。

 

店頭において試供品を使えるときには、ヒアルロン酸が持っている粘性を中心に確かめることが重要です。

 

ヒアルロン酸以外の混合物によって粘り気を作り出している商品もあるので、十分に注意しましょう。

 

ヒアルロン酸がたっぷり含まれる化粧品もあり、なんとヒアルロン酸100%原液と謳われている種類もあります。

 

化粧品に入ったヒアルロン酸の分子は小さくなるよう加工されており、6000〜8000ダルトンで、ナノにすると20〜25ということになります。

 

1ナノメートルは100万分の1ミリメートルに該当しますし、分子の単位を表すのがダルトンです。

 

それから、表皮のヒアルロン酸に関しては約半数が1日で無くなり、2〜3日もすると全て新しいものになるようです。

 

このことから、化粧品を使ったヒアルロン酸の浸透はまとめで吸収させるよりも、根気よく毎日のケアで取り入れるのが良いでしょう。

 

この他、ヒアルロン酸を表皮に留めることで水分を保つには、ビタミンCとコラーゲンが必要になります。

 

コラーゲンとビタミンC誘導体などの成分も高配合のヒアルロン酸化粧品ならば、両方にとって良い状態になるはずです。

 

 


低分子ヒアルロン酸について関連ページ

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いについて