潤いアップのヒアルロン酸ガイド

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いについて

美容成分として知られるコラーゲンとヒアルロン酸は、美肌や老化防止の話題でよく一緒に登場します。

 

その影響もあって、同種類に分類される成分だと間違えて覚えられているようです。

 

誤解をなくすために、コラーゲンとヒアルロン酸という物質に関して、もう一度おさらいをしてみましょう。

 

ヒアルロン酸という物質はアミノ酸を含む多糖(=ムコ多糖)の一種です。

 

コラーゲンというものは髪や皮膚、腱(けん)、そして骨などを構成しているタンパク質類に属します。

 

ムコ多糖の一種であるヒアルロン酸は体内で単体のまま存在することが困難で、タンパク質の1タイプであるコラーゲンは保水作用がありません。

 

ゆえに、タンパク質とムコ多糖はお互いに結び付いて細胞の隙間に入り込みます。

 

ヒアルロン酸の性質の中でも特別な点は、保水性がかなり高いことです。

 

人体の約6〜7割を占有している水分の中には、血液を除いた多くがヒアルロン酸などのムコ多糖が蓄積する役割を果たしています。

 

そして、コラーゲンの働きは皮膚を使って説明するのが理解しやすいはずです。

 

肌の表面からすぐ下にある真皮は、水分以外の成分は70%くらいがコラーゲンによって占められています。

 

コラーゲンは高い弾力性がある繊維状の組織で細胞同士を結合させる働きをします。

 

そして、ヒアルロン酸は繊維で構成されたコラーゲンの間に入り込み、水分が不足しないようにしています。

 

ヒアルロン酸の含有量が高い食品を見つけるのは大変ですが、コラーゲンの方は鶏肉であれば手羽先、さらにシラスや牛スジなどにも入っています。

 

加えて、ツバメの巣やフカヒレなどの高価な食品もコラーゲンを多量に摂れる食品として注目されています。

 

年代が上になるほど足りなくなるコラーゲンとヒアルロン酸の一緒に取り入れるのは、アンチエイジングの要と考えられています。

 

 


ヒアルロン酸とコラーゲンの違いについて関連ページ

低分子ヒアルロン酸について