潤いアップのヒアルロン酸ガイド

ヒアルロン酸の種類について

美容成分として有名なヒアルロン酸は、まず天然ヒアルロン酸と人工ヒアルロン酸とに分けることができます。

 

それから、天然の場合には何から作ったのかということや、含まれている量の割合で分けることができます。

 

日本で作られている健康食品に入っている天然のヒアルロン酸の大部分は、「鶏冠抽出物」という鶏のトサカを原料としているものです。

 

鶏冠抽出物とは、その成分の半分をコラーゲンが占めるタンパク質と合致してできた「ムコ多糖タンパク」です。

 

人工の場合は、日本で作られたのか外国で作られたのか、それから純度、分子のサイズ、製造方法などで細分化されます。

 

鶏トサカから抽出した成分の天然ヒアルロン酸の含有率とは、平均値が5〜7%くらいであるとのことです。

 

天然タイプのヒアルロン酸を豊富に含む食材としては、魚の眼の部分、フカヒレ、鶏の手羽肉などが有名です。

 

これらは通常の家庭料理では食べることの方が珍しいのではないでしょうか。

 

それと、調理の熱が約40℃に達すると天然ヒアルロン酸は壊れるので、食品から摂ることは考えない方がよいでしょう。

 

人工ヒアルロン酸は、乳酸菌や微生物の力を用いて溶血性連鎖球菌(ストレプトコッカス)を用いたバイオ製法により作りだされます。

 

ヒアルロン酸というのは分子が大きくできているため、本来のサイズのままで肌を通しての浸透そして吸収は難しいとされています。

 

つまりヒアルロン酸を化粧品に応用するには、分子サイズの問題をクリアしなければいけないでしょう。

 

これが美容整形ということになると、体の中には入っていかないという特性を利用して、ヒアルロン酸を注入する美容術があります。

 

健康食品やサプリメントによるヒアルロン酸摂取を考えている人は、配合されている量や製造法と併せて安全性の有無も確認することが大切です。

 

肌のお手入れに使うのであれば、確認事項としてヒアルロン酸の含有率と分子サイズを頭において、すぐに肌に入り込んでいくような商品を選びましょう。

 

 


ヒアルロン酸の種類について記事一覧

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いについて

美容成分として知られるコラーゲンとヒアルロン酸は、美肌や老化防止の話題でよく一緒に登場します。その影響もあって、同種類に分類される成分だと間違えて覚えられているようです。誤解をなくすために、コラーゲンとヒアルロン酸という物質に関して、もう一度おさらいをしてみましょう。ヒアルロン酸という物質はアミノ酸...

≫続きを読む

低分子ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は1つ1つの分子が大きいという特徴があるため、何らかの処理をしないと肌から入れて肌のより深いところまでは行きとどきません。ですから長い期間、スキンケアによってヒアルロン酸を十分に補給するのは期待できないとされてきました。しかし現在までの間に研究が行われ、非常に小さなサイズの「低分子ヒアル...

≫続きを読む